異動情報とは?任意整理との関係を3つのポイントで解説

任意整理について調べているときに「異動情報」というキーワードを見かけて「何のことだろう?」と疑問に思った人は少なからずいることでしょう。

異動情報というのはいわゆる「ブラックリスト」に関係のあるもので、「事故情報」というとわかりやすいかと思います。

ここでは、任意整理と異動情報の関係を3つのポイントに分けて解説します。

任意整理での「異動情報」とは「事故情報」のこと

任意整理の相手先となる銀行・クレジットカード会社・消費者金融といった会社(以下「カード会社など」)は、お金を貸す相手に返済能力があるかどうかを調べるために、「信用情報機関」という機関に加盟しています。

任意整理をすると、カード会社などから信用情報機関へ「この人は借金をあらかじめ決められた条件で返せずに任意整理をした」という情報が登録されます。

この情報が「異動情報」と呼ばれるもので、一般的には「事故情報」という言い方もします。

任意整理で異動情報が登録されるとどうなる?

任意整理をしたことで信用情報機関に異動情報が登録されると、いわゆる「ブラックリスト」に載った状態になります。

信用情報機関に異動情報が登録されている間は、クレジットカードの利用や作成、ローンやキャッシングなどでの借金、スマホなどの分割払い、借金の保証人になること、信販系の保証会社を利用することができなくなります。

登録された異動情報は信用情報機関に加盟している会社なら随時チェックできるため、どこの会社でも上記のような制限を受けることになります。

任意整理後はいつになったら異動情報が消えるのか

任意整理で異動情報が信用情報機関に登録されるのは約5年間です。

この期間が過ぎると登録された異動情報が削除され、上述した制限も解除されます。

ただし、異動情報が削除されても特に通知などは来ません。

異動情報が削除されたことを確認したい場合は、信用情報機関へ信用情報の開示請求を行ってください。

まとめ

任意整理をすると、カード会社などが加盟している「信用情報機関」に任意整理をしたという情報が登録されます。この情報が「異動情報」と呼ばれるもので、「事故情報」とも言われます。

信用情報機関に異動情報が登録されると、クレジットカードが使えないなどの制限を受けます。

異動情報が登録される期間は約5年間ですが、異動情報が削除されても特に通知は来ないため、確実に削除されたか知りたい人は、信用情報機関に信用情報の開示請求をする必要があります。