任意整理後でも頭金があれば住宅ローンは組める!

これから家を買う予定がある人にとって、任意整理でブラックリストに載って住宅ローンが組めなくなるというデメリットは悩みどころなのではないでしょうか。

ここでは、任意整理後に住宅ローンを組む場合は頭金を用意すると効果的だということに加え、頭金を用意しても住宅ローンに通らない場合について説明していきます。

任意整理後に住宅ローンを組むには頭金の準備が効果的

住宅ローンを提供している銀行は、審査のときに以下のような項目をチェックしています。

・収入、勤務先、勤続年数

・信用情報(ブラックリスト)

・年齢

・年収に対する返済額の比率

・住宅ローンの対象になる家の価値

・健康状態

任意整理をすると、銀行などお金を貸す事業を行っている会社が加盟している「信用情報機関」に約5年間、情報が登録されます。

任意整理のために信用情報に傷がついている状態をブラックリストといい、この期間はクレジットカードやローンが使えなくなるなどのデメリットを受けることになります。

住宅ローンを提供している会社はブラックリストを必ずチェックするため、任意整理後約5年間はほぼ確実に審査に落ちることになります。

この期間に頭金を貯金しておき、ブラックリストが解除されてから住宅ローンを組むときに頭金を提示できれば、審査に受かる可能性がぐっと上がります。

任意整理後に頭金を用意しても住宅ローンが組めない!?

任意整理後に頭金を貯金しても、一度任意整理をした会社で住宅ローンを組もうとした場合、ほぼ確実に審査に落ちます。

実は、先述したブラックリストのほかにも、任意整理の相手になった会社が社内で保持している「社内ブラック」と呼ばれる情報があるのです。

信用情報機関の情報とは異なり、社内ブラックは時間が経ってもずっと残り続けますので、審査に通りたい人は任意整理をした会社は避けるべきでしょう。

また、フラット35は一般的な住宅ローンよりも審査が甘いと言われているので、審査に通りたい人は申し込んでみるとよいでしょう。

なお、ブラックリストが解除されていても、同時期にたくさんのローンや借金を申し込むと「この人はお金がないのかもしれない」と思われて審査に落とされてしまいますので、注意してください。

まとめ

住宅ローンを提供している会社は必ず信用情報をチェックするので、任意整理から約5年が経っていない場合はほぼ確実に住宅ローンの審査に落ちてしまいます。

まずは頭金を貯金して、ブラックリストの解除を待ちましょう。

頭金がある場合でも、任意整理の対象にした会社は避けたほうがよいでしょう。

審査が甘い住宅ローンとしてはフラット35があります。