任意整理の費用を後払いにしたい人が知っておくべき2つのポイント

借金が返しきれずに任意整理を考えたとき、最も気になるのは費用のことではないでしょうか。

お金がない場合、「任意整理の費用を後払いにしたい」と思うかもしれませんが、費用を後払いにして任意整理をすることは実際にできます。

法テラスを利用すれば、任意整理の費用を割安で後払いの分割払いにしてもらうことが可能なのです。

任意整理の費用は後払いにしてくれる法律事務所が多い

任意整理とは、弁護士や司法書士を代理人としてお金を借りた会社と交渉し、利息・遅延損害金のカットや返済期間の延長といった条件で和解する債務整理です。

正式に弁護士や司法書士へ任意整理を依頼すると、任意整理が始まることを知らせる「受任通知」がお金を借りた会社に送られるのですが、受任通知を受け取った後は督促をしてはいけない決まりになっているため、任意整理の完了まで会社側からの取り立てがなくなります。

一般的には、受任通知によって借金の返済がストップしている期間に、任意整理の費用を分割払いで支払うことが多いです。

しかし、それでも支払いが苦しいという場合は、後払いに対応している法律事務所を探すとよいでしょう。

法律事務所は毎月いくら支払うかなどの支払いのスケジュールに柔軟に応じてくれることが多いので、費用の支払いについては遠慮なく相談してみてください。

お金がない人は「法テラス」で任意整理の費用を後払いにしてもらえる

収入や財産があまりないという人は、国の法人である「法テラス」(日本司法支援センター)を利用すれば、任意整理の費用を割安で後払いの分割払いにしてもらえます

法テラスでは、目安として月収18万円以下・財産が180万円以下の人(一人暮らしの場合)に向けて、無料法律相談や債務整理費用の立て替えといったサービスを提供しています。

なお、法テラスでは原則として弁護士や司法書士を選べませんが、あらかじめ弁護士や司法書士を探して立て替えを依頼する「持ち込み方式」にすれば、あなたが選んだ弁護士に依頼しつつ費用を後払いにしてもらうことが可能です。

まとめ

任意整理の費用については、受任通知の送付後に借金の返済が止まる時期があるので、その期間を利用して分割払いにすることが多いです。

それでも費用の支払いが厳しい場合は、任意整理の費用を後払いにしてくれる法律事務所も多いので、探してみるとよいでしょう。

また、お金がない人は法テラスを利用すると任意整理の費用を割安で後払いにしてもらうことが可能です。