任意整理は車を残せる債務整理

任意整理を検討している人の中には、通勤や買い物などで日常的に車を使うので車を手放さずに債務整理したいという人も多くいるでしょう。

任意整理は、債務整理の中でも車を残しやすい手続きです。ここでは、なぜ任意整理なら車を残せるのかに加えて、任意整理で車を残すときに気を付けることを簡単にまとめます。

なぜ任意整理なら車を残せるのか

債務整理には任意整理の他に個人再生や自己破産といったものがあります。

個人再生の場合、自分が持っている財産をお金に替えた価値以上の金額を返済しなければならないというルールがあります。例えば、同じ300万円の借金がある2人の人が個人再生をしたとして、財産のないAさんは借金が100万円まで減額されるのに、200万円の車があるBさんは200万円までしか借金が減額されないといったことになります。

また、自己破産では生活に必要な最低限の財産を処分する必要があり、車も処分の対象に含まれることが多いです。

しかし、任意整理は持っている財産の多少にかかわらず行えるうえ、財産を処分する必要もありません。つまり、任意整理は車を残しやすい債務整理だといえるのです。

車を残して任意整理するために気を付けること

車を残して任意整理したい人は、自動車ローンが残っている場合は注意が必要です。任意整理の対象に自動車ローンを含めてしまうと、ローンで買った車がローン会社に引き上げられてしまうからです。

任意整理では整理する対象にどの借金を含めるかを自分で自由に選ぶことができますので、ローンが残っている車を残したいという希望がある人は、自動車ローンを任意整理の対象から外しましょう。

逆に、ローンが完済している車であれば、どのような場合でも任意整理の影響はまったく受けませんので安心してください。

まとめ

個人再生や自己破産とは異なり、任意整理は財産があっても関係なくできるため、基本的には車を残して借金を整理することが可能です。

ただし、自動車ローンが完済していない車がある場合、自動車ローンを整理の対象に含めると、ローン会社によって車を引き揚げられてしまいます。

任意整理では整理の対象に含める借金を自由に選べますので、自動車ローンを任意整理の対象から外すことで、車を残したまま他の借金を整理できます。

⇒⇒⇒静岡で債務整理の解決実績が豊富な司法書士はこちら