債務整理で官報に載る本当のデメリットとは?

債務整理をすると官報に載るという情報は債務整理のデメリットとして広く知られていますが、官報に載ることで具体的にどのようなデメリットがあるかご存知でしょうか。

この記事では、「そもそも官報というものが何なのかよくわからない」という人にも理解しやすいよう、官報とは何か、官報に載ることでどんなデメリットがあるのかを説明していきます。

債務整理で載る官報とは何か

官報とは国が発行する新聞のようなもので、政府からのお知らせや法律に関する告知事項、皇室の情報や官庁・裁判所からの報告といった内容が記載されています。

個人再生自己破産は裁判所を通して行う債務整理なので、日付や裁判所名に加えて、本人の氏名や住所といった情報が官報に掲載されることになります。

また、官報はインターネット上で過去30日分が無料公開されているなど、誰でも見ることができるようになっています。

債務整理で官報に載るとどんなデメリットがあるのか

前述のとおり官報は誰でも無料で見られるので、「官報に載ったら周りの人みんなに債務整理のことが知られてしまう」と思っている人は少なくありません。

しかし、実際には官報を毎日欠かさず隅々まで読んでいる人はほぼいないといえます。

むしろ、官報というものが存在することさえ知らない人も多いのではないでしょうか。

ですので、あなたが個人再生や自己破産を行ったとしても、官報から他の人に債務整理がバレる可能性は極めて低いといえます。

しかし、官報に載ってもまったくデメリットはないというわけではありません。

違法な金貸しであるヤミ金は、官報に記載されている情報を見てダイレクトメールを送ってきたりします。

ヤミ金は債務整理後でお金がない人を狙って「お金を貸しますよ」と甘い言葉で誘いますが、借金をしてしまったら違法な金利や取り立てで苦しむことになってしまいますので、ヤミ金には絶対に連絡しないようにしてください。

まとめ

国の新聞である官報には、個人再生や自己破産をした人の住所や氏名などの情報も掲載されます。

しかし、官報は知名度が高いわけではなく、隅々まで読んでいる人はほぼいないため、官報から債務整理がバレる可能性は極めて低いといえます。

官報に載ることの本当のデメリットは、ヤミ金からダイレクトメールが来るようになることです。

ヤミ金で借金をすると違法な金利や取り立てに遭いますので、絶対に連絡しないでください。

千葉で債務整理するならこちらの弁護士事務所へ