自己破産でクレジットカードが停止になってから復活するまで

クレジットカードをよく使っている人は、「自己破産するとクレジットカードが使えなくなる」という情報が気になるところではないでしょうか。

ここでは、クレジットカードの自己破産について簡単に説明したうえで、ブラックリストに載ってクレジットカードが使えなくなってから復活するまでの流れや対策を紹介します。

クレジットカードの借金も自己破産できる

クレジットカードの使い過ぎでできてしまった借金でも、自己破産で解決することは可能です。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、どちらも自己破産で返済義務を免除してもらうことができます。

自己破産には借金の免除を認めないとする「免責不許可事由」があり、クレジットカードで浪費をした場合はそれに当てはまりますが、きちんと反省していることを示せばほとんどの場合自己破産を認めてもらえます。

自己破産後はクレジットカードが使えなくなる

自己破産後は「信用情報機関」に自己破産の情報が登録されてブラックリストに載るため、約5~10年間クレジットカードの利用・作成ができなくなります。

電気代やスマホ代などの毎月の支払いをクレジットカードでしている人は、自己破産前に口座引落などの支払方法へ変更しておきましょう。

また、日常的にクレジットカードで支払いをしているなら、デビットカードやプリペイドカードを作っておけば、クレジットカードの代わりとして支払いに利用できます。

自己破産後にクレジットカードが使えるようになるまで

自己破産後5~10年が経ったら、信用情報機関に問い合わせをして信用情報を開示してもらい、ブラックリストが解除されているか確認しましょう。

銀行・クレジットカード会社・消費者金融といった会社が加盟している信用情報機関には、CIC、JICC、JBA(KSC)の3つがあります。

それぞれ郵送や窓口、スマホやパソコンなどの受付方法で信用情報の開示をしてもらえます。手数料は窓口が500円、他が1000円です。

まとめ

クレジットカードはショッピング枠・キャッシング枠ともに自己破産で返済免除としてもらうことができます。

ただし、自己破産後はブラックリストに載ってクレジットカードが使えなくなるので、月額料金の支払方法を変更したり、デビットカードやプリペイドカードを作ったりして対策しましょう。

自己破産後5~10年が経てばブラックリストは解除されますが、解除されたかどうかはCIC、JICC、JBA(KSC)の3つの信用情報機関に信用情報の開示を依頼すれば確認することができます。