自己破産で載るブラックリストは対策すれば怖くない

「自己破産するとブラックリストに載る」というデメリットを心配する人は多いですが、実際のところブラックリストのデメリットは対策すればそこまで不便ではありません。

ここでは、ブラックリストに載ると何ができなくなるのか、どんな対策ができるのかを説明していきます。

自己破産でブラックリストに載るしくみとは

自己破産すると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融といった会社が加盟している信用情報機関という機関に自己破産の情報が登録されます。これがいわゆる「ブラックリスト」と呼ばれる状態です。

信用情報機関の情報は、お金を貸す会社が相手の返済能力を確認するためにチェックすることができます。そのため、自己破産で借金を整理した会社だけでなく、どの会社でもブラックリストによる制限を受けることになります。

自己破産でブラックリストに載ることによる制限

自己破産してブラックリストに載ると、クレジットカードが利用・作成できない、ローンやキャッシングで借金ができない、分割払いでスマホなどを買えない、保証人になれない、賃貸契約のときに信販系の保証会社の審査に落ちやすくなるといった制限を受けます。

自己破産の場合、制限が続くのは約5~10年間です。

自己破産でブラックリストに載っている間の対策

自己破産でブラックリストに載っている間はクレジットカードが利用停止になるので、電気代などの月額料金がクレジットカード払いのままだと支払いが滞ってしまいます。自己破産すると決めたら支払方法を口座引落などに変更しておきましょう。

また、クレジットカードをよく使う人は、デビットカード(支払いをするとすぐにお金が引き落とされるカード)やプリペイドカード(チャージした金額の範囲内で支払いができるカード)を作っておくと、クレジットカードの代わりに使うことができます。

ブラックリスト中にローンを組みたい場合は、家族の名義で組んでもらいましょう。ブラックリストの制限を受けるのは自己破産した本人だけなので、家族は何の影響も受けません。

さらに、ブラックリストに載っている間に賃貸契約をする場合は、不動産会社などに信販系以外の保証会社を紹介してもらうとよいでしょう。

まとめ

自己破産をすると約5~10年間ブラックリストに載り、クレジットカードの利用・作成、新規で借金をすること、保証人になること、スマホなどを分割払いで買うこと、信販系の保証会社を利用することができなくなります。

対策としては、月額料金の支払いを口座引落などにする、デビットカードやプリペイドカードを使う、家族の名義でローンを組む、信販系以外の保証会社を紹介してもらうといったものがあります。