自己破産するとETCカードが使えなくなる?対策は?

自己破産するとETCカードが使えなくなるという情報をどこかで見たことがある人は多いのではないでしょうか。

その情報は事実で、自己破産するとクレジットカードが使えなくなることでETCカードの機能も利用停止になります。

ここでは、自己破産するとETCカードが使えなくなる仕組みと、自己破産しても使える「ETCパーソナルカード」について説明していきます。

自己破産するとクレジットカードのETCカードは使えなくなる

自己破産をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に情報が登録されて、いわゆる「ブラックリスト」の状態になります。

ブラックリスト中は信用情報機関の情報が共有されるので、どこの会社でもクレジットカードが使えなくなります。

その結果として、クレジットカードに付属のETCカードや、クレジットカード自体に付いているETC機能も使えなくなってしまいます。

自己破産でブラックリストになるのは約5~10年間なので、その期間が過ぎれば再びクレジットカードに付属のETCカードを使えるようになります。

自己破産しても使える「ETCパーソナルカード」とは?

「ETCパーソナルカード」とは、NEXCO東日本・中日本・西日本、首都高速道路、阪神高速道路、本州四国連絡高速道路が共同で発行している、クレジットカード機能なしのETCカードです。

ETCパーソナルカードにはクレジットカード機能がないので、特に審査などはなく誰でも使うことができます。

ただし、あらかじめ2万円~8万円のデポジット(保証金)を預ける必要があります。

ETCパーソナルカードはプリペイドカードではなく、クレジットカードと同じように使用した分が1カ月単位で指定の口座から引き落とされるカードです。

デポジットは利用料の未払いが発生しないようにする預け金で、平均の月額利用料によってデポジットの金額が変わります。

ETCパーソナルカードの申し込みは、サービスエリアなどに置かれている申込書か、ETCパーソナルカード事務局から取り寄せられる申込書を使って行うことができます。

まとめ

自己破産すると、信用情報機関に情報が登録されることで、クレジットカードが使えなくなるため、クレジットカードに付随のETCカードも使えなくなります。

ブラックリスト中でクレジットカードが使えない期間でも、クレジットカード機能がない「ETCパーソナルカード」なら誰でも使うことができます。

ただし、ETCパーソナルカードを使うには2万円以上のデポジットを預ける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です